増額でも在籍確認は必須事項!

増額のときも在籍確認あるってマジかよ?!

 

増額ってもうすでに契約してるとこだし審査とかないでしょ?

 

新規申し込みの時も在籍確認、ひやひやだったもんな〜。


 

 

そう思いたいところですが…

 

増額でも審査はあるし、場合によっては在籍確認もあるんですよ。


 

残念なことに、増額でも在籍確認はあるんです。

 

増額でも審査あるんです

「もう契約してるとこだし、いまさら在籍確認なんていらないよね!」
消費者目線で考えるとその通りなんです。

 

でも、消費者金融も無差別にお金を貸しまくっていては商売になりません。

 

それがたとえすでに契約している顧客であっても、
追加で融資となったときには“念には念を!”で、信用情報の確認も在籍確認もあるんです。

 

実は契約後に別の消費者金融からキャッシングしたかもしれないし、
もしかしたら現在無職かもしれない…

 

そんなもしものことを想定して、契約済みの顧客であってさえ、審査があるのです。

 

キャッシングを利用し始めてから半年くらいで増額の営業がある。

こういわれています

 

増額の許可がおりるのは
契約してキャッシングを利用し始めてから半年以上たったころと言われています。

 

半年キャッシングを使っていて、問題のない利用者と判断されれば
たいていは消費者金融から連絡があり『増額できますが、どうなさいますか?』と聞かれます。

 

最低でも半年は返済を滞りなくすすめるのが増額の条件といっていいでしょう。

 

このように消費者金融側から増額について持ちかけられたときには
時として、在籍確認なしに増額してもらえることもあります。

 

ただ、基本的に増額時にも在籍確認はあるものだと思っておきましょう。

 

契約してから期間が経ちすぎたあとの増額申込み

 

契約してから期間が経ちすぎていると、必ず在籍確認をされます。

 

在籍確認やっぱりあります

転職したり、収入が変わっている可能性があるからです。

 

消費者金融側からすると
たとえ新規借入であっても増額であってもお金を貸したら返してもらわないと困るから
財源を確認しておかないと不安があるのでしょうね…

 

増額でも在籍確認は必須の審査項目!

 

 

増額でもやっぱり在籍確認あるんだなぁ…

 

仕方ないけど、職場にバレたらまずいなぁ…


 

 

消費者金融から増額のお知らせが入ったときには運が良ければ在籍確認なしで
増額を受けられるかもしれないけど、基本は在籍確認は必須事項だと思っておきましょう!

 

キャッシングの在籍確認といっても、オペレーターが個人名でかけてくれるので
職場にキャッシングがバレることはありません。

 

もし疑われたら「クレジットカードを新しく作ったので、その審査」ってことにすればいいですよ!


 

Topページに戻る