キャッシングの在籍確認審査を気まずくさせない方法

キャッシングの審査で会社にかかってきた在籍確認電話をごまかす方法!

在籍確認を誤魔化す

キャッシングの審査に必ずといっていいほど入ってくる、在籍確認の電話。

 

出来ることならかけてきて欲しくないんだけど、
在籍確認の電話を別の方法にかえてもらうと、限度額が下がるって情報もあるから
電話で在籍確認してもらうほうがキャッシングの条件はいい…。

 

ちゅうわけで、電話はかかってきたとき、
どんな風にフォローすればキャッシングの審査と見破られることなくその場をごまかせるか、
管理人の実体験に基づいて紹介します!

 

在籍確認電話がかかってくるの、キャッシングだけじゃないの知ってた?

 

例えばこんな方法

在籍確認の電話といえば、真っ先に思い浮かぶのはキャッシング!と思っているかもしれませんが、
実は、キャッシング以外でも在籍確認はあるんです。

 

例えば、クレジットカードの新規発行時。

 

クレジットカードもお金に関わるものだし、分割払いができるサービスなので在籍確認があります。

 

次に、賃貸住宅の契約時。

マンション契約時

 

これ、管理人も知らなかったんですが、同僚が引っ越すときにかかってきて初めて知りました。
きっちりした不動産会社やマンションオーナーの場合、在籍確認が必要になるんだとか。

 

余談ですが身の丈に合わないようなお家賃が高いマンションだと
在籍確認をとられて審査落ちすることもあるんですって。

 

在籍確認の電話は同じパターン。

 

クレジットカード作成時やマンションの契約時の電話もキャッシングの在籍確認電話と同じで、
会社名を名乗らず、個人名で電話をかけてきます。

 

これは管理人が実際に取り次いだときに分かりました!

先述した同僚のマンション契約の在籍確認電話に出たのですが、
「○○(個人名)ですが、△△さん(同僚)はいらっしゃいますでしょうか?」とかかってきました。

 

これ、キャッシングの在籍確認と全く同じ手法なんですね。

 

つまり、もし同僚に怪しまれるようなことになれば、
「クレジットカードを作ったから!」とか、「マンションの契約、更新のことだよ!」とかいってごまかせるんです!

違う違う

 

目からうろこでしょ?

 

もちろん、同僚に怪しまれなかったら自分から何もいう必要はないです。
万が一、「何の電話だったの?」と聞かれたときにそう答えればキャッシングだとバレません。

 

キャッシングの在籍確認を別の在籍確認電話ってことにすり替える!

 

すり替えられてびっくり

わざわざ自分から在籍確認の電話だと広めることはありませんが、
会社で変な目で見られそうになったら、別の在籍確認ってことにすり替えちゃいましょう!!

 

クレジットカードならだれでも持ってるし、
マンションだって更新や契約があるから怪しまれることはないです!!

 

管理人はクレジットカードの在籍確認だよ!ってごまかすのがおすすめです!(笑)

 

【電話確認なし希望】アイフルキャッシングガイド2016のトップページに戻る